たかのブログ

2019/12/09

工事現場

寒さ本番!

 写真

日に日に寒さも増し、暖房器具での事故も増えてきました。

いま一度、一年ぶりに使うストーブ等ご自宅で使用している器具を良く点検行ってから

異変がないかお確かめの上、正しく使用し事故のないように心がけていきましょう。

火の出る器具も減ってきましたがまだ使用しているお宅も多いようです。

古い木造建てですと一階部分の底冷えは尋常ではありません。

ここ最近の低炭素化の傾向ではエネルギーを使う冷暖房器具を少なくする傾向にあり

おうち丸ごと高性能断熱材で囲み暖房器具が必要ない環境を創る方向へ向かっています。

弊社でも以前は下記のような断熱材を使用していましたが3年前から新築全棟吹付断熱を

推奨をしています。

▲以前の仕様 グラスウール10K16K 75,100

当時は、確認申請書仕様に則り適正な機能のものを入れていました。

悪いわけではありませんが厳密に言うと完ぺきではなかった頃です。

平成27年住宅省エネルギー設計技術者となりより良い環境をお客様に提供していこうと

当社でも吹付断熱及び床下断熱(伝導率1UP)を取り入れてきました。

▲スタイロエース65mm

▲小屋裏部分160mm 通気スペース30mm以上 (壁75mm)

2回目の冬をお過ごしのお客様には、光熱費がかからなくなったとご好評を

いただいております。是非「新築」「リフォーム」での吹付断熱の実績のある当社に

ご相談下さい。

リフォーム相談・現地調査は無料です。「ホームページを見て、リフォームの相談をしたいのですが・・・」とお気軽にご連絡ください。049-251-4923 メールでのお問い合わせはこちら

CONTACT

リフォーム相談・現地調査は無料です。

「ホームページを見て、リフォームの相談をしたいのですが・・・」とお気軽にご連絡ください。

049-251-4923

営業時間8:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら

代表写真